神様と僕と毎日と。

音楽やお店の紹介と、その日の出来事や考えたこと

デリー 銀座店(銀座)

カレーとインド料理のデリー
デリー 銀座店 DELHI - 銀座/インド料理 (食べログ)


今月のカレー 濃厚なエビカレー ¥1,100


カレー好きの間では有名なお店(と思われる)。インド・パキスタン料理の基本を押さえつつ、日本人の舌にも合うように工夫がしてあるという感じで、強烈なインドカレーはちょっと……という人にも薦めやすいです。カレーはただ辛いだけではなく、甘味や苦味がしっかりと感じられ、後を引く味。ヨーロッパ風のコンチネンタルカレー、ドライカレーなどもあり、辛いのが苦手でも選択肢が多いのがうれしいところ。スパイスやヨーグルトなどによる複雑なコクが楽しめるタンドリーチキンなど、カレー以外のメニューもクオリティが高い。銀座店の他に、上野にも店舗があります(東京ミッドタウン店は4月にリニューアルオープンとのこと)。

ナンやタンドリーチキンなどがセットになったランチもあるのですが、今回は単品で注文。海老のガラや頭をマスタードシードやカレーリーフなどを加えたオイルで煮込み、さらにそれを海老の出汁と煮込んだという贅沢な一品。銀座店だけの限定メニューのようです。“濃厚”の二文字は伊達ではなく、一口食べただけでエビの旨味が舌にガツンと。その後に来る、さわやかな辛さとタマネギの甘味が渾然となった味のルーがとても美味しい。中に入っている海老も、揚げてあったり、レモン水で茹でてあったりと、きちんと「具」になっていて、単なる出がらしではないのが素晴らしい。今月しか食べられないのは惜しいと思えるほどの一品です。
ごちそうさまでした。


Harlem Pop Trotters

Harlem Pop Trotters


フランスのライブラリー系レーベルに残されたジャズロック/ファンク作品で、レア盤として有名。現在ではCDで再発され聴きやすくなった……と思いきや、再発CDも廃盤でレア化しつつあるのはいかがなものか。いかにも70年代らしい重厚なリズム隊に、ラフなカッティング、エレピ、ホーン隊が絡み合うという感じだが、過度に粘っこすぎず、軽快さもあるのが好印象。哀愁漂う「Penwick」「Psychocross」、フルートのソロが格好いい「La Moto Verte」、スペーシーなシンセが特徴的な「Plongee Synthetique」など、曲調にも幅があり、それぞれのクオリティが高いので、通して聴いてもダレないのが人気の理由かも。