神様と僕と毎日と。

音楽やお店の紹介と、その日の出来事や考えたこと

Nils Landgren / The Moon, The Stars And You


Nils Landgren / The Moon, The Stars And You
月、星、そしてあなた。そんなタイトルも素敵な、トロンボーン奏者ニルス・ラングレンの最新作は、ほぼ全編に渡って彼自身がボーカルを披露。親しい友人に話しかけるような、つたなくも優しい歌声が心をあたためる。たおやかなピアノ・トリオをメインに、曲によって多彩なゲストや洒脱なオーケストラが加わる編成も素晴らしい。その音色に招かれるように、トロンボーンが夜空に向かってまろやかに弧を描く。暗い部屋に蝋燭を灯すような、気持ちをそっと明るくしてくれる一枚。満天の星空を眺める冬の夜には、こんな音楽が傍にあって欲しい。


「郊外で洒落た小さなイタリア料理店を見つけ、
入ってみたら味も値段も大変良かったが、
そこは高橋ジョージ・三船美佳夫妻の行きつけの店だった」
という想像をしていたら地味に憂鬱になりました。


「CMにジャニーズを使い過ぎ」という意見をたまに目にしますが、
確かに嵐は収録の合間の休憩時間にマリオカートで遊んでそうだし、
TOKIOはドリランドで遊んでそうだから、
少なくともそういう人選は間違ってないと思う。
あと、『マリオカート7』の嵐のメンバーが集まってあれこれ語るCMで、
相葉雅紀が「格好良くもしたいし、加速もスピードも求めたい」という理由で
カートのカスタマイズにこだわっていた、という趣旨の発言に対する
櫻井翔の「そんなお洒落なことしてたの?」というツッコミのフレーズには
結構非凡なものを感じるというか、
場数を踏んでる人のボキャブラリーだなって感じがする。


今朝、ニュース番組で太陽光発電の特集をやっていて、
太陽光発電の普及率が高いとされるドイツで
街頭インタビューに答えた中年の男性が、
「発電パネルをもっと設置しないとね!
屋根にも、バス停にも、とにかくいたるところに!!」
と答えててすごく怖かった。
過去に火力発電所でつらい目に遭ったりとかしたんだろうか。