神様と僕と毎日と。

音楽やお店の紹介と、その日の出来事や考えたこと

Norma Winstone / Stories Yet to Tell


Norma Winstone / Stories Yet to Tell
ジャケットにあしらわれた静かな海辺を一人で歩いている時に、これ以上似合う音楽は考えられない。英国ジャズのベテラン・シンガーによる2010年の作品は、聴こえてきた瞬間に透き通った空気が満ち溢れてくるような大名作。緊張感と透明度を欠くことのない彼女の凛とした歌声も、微かな哀しみを湛えたピアノとサックス/クラリネットによる伴奏も完璧。聴く者の心を高揚と瞑想の両方でもたらしてくれる、"The Most Beautiful Sound Next To Silence"の美しさに溢れたECMらしい一枚。


「あの日本の作品がハリウッド化されたら……」
みたいな他愛もない話をする時には、
とりあえず困ったら主人公をエディ・マーフィを、
老人役をモーガン・フリーマンを挙げるということにしています。
今日、声優陣を一新して新作アニメが放映された『ルパン三世』も
海外で実写が製作されているとかされていないとかだそうですが、
そんな感じでやってみたらいかがでしょう。
ルパンがエディ・マーフィ。どこで黒人の血が入ったんでしょうか。
銃撃戦が『ビバリーヒルズ・コップ』にしか見えないと思います。
銭形のとっつぁんがモーガン・フリーマン。激シブ。
ルパン逮捕のためには数人ぐらい平気で殺めそうな。
でももし仮にこの路線でいったら、
次元は適当なイケメン俳優が、五右衛門は適当な日系人があてがわれて、
不二子はミラ・ジョヴォヴィッチあたりでお茶を濁されると思います。