神様と僕と毎日と。

音楽やお店の紹介と、その日の出来事や考えたこと

豪華な面子でも「オシャレ過ぎない」花澤香菜のアルバム

claire

claire


声優として押しも押されもせぬ人気を誇る花澤香菜の1stフルアルバム。彼女は去年から個人名義での音楽活動をスタートさせていて、すでにシングルを4枚発表(それらは本アルバムにも収録)している。


一曲目の「青い鳥」(名曲!)で活躍するストリングスや、「初恋ノオト」のホーン隊などを聴いて「あっ」と思えるかどうかで、あなたの渋谷系度が測れるというもの。北川勝利がトータルプロデュースを担当したほか、カジヒデキ、沖井礼二、ミトなどが集結しただけあって、さすがにツワモノ揃いといった感じの楽曲が並んでいる。

参加している面子が面子だけに、例えばナタリーでは「“渋谷系”ポップスを継承する傑作アルバム完成」と謳われていたが、もちろん典型的な“渋谷系”サウンドになっているわけでもないのがポイント。90年代〜00年代を通過した人たちが、その経験を踏まえて作ったという意味での90年代らしさはあるものの、単純に90年代をそのまま再現したような音というわけではない(カジヒデキだけは、自分に求められているものをまったく完璧にこなしていてちょっと別だが)。

また、花澤香菜の声自体に相当な表現力があるので、しっかり声を出しても、あるいはウィスパーボイス気味にしても、渋谷系を自称するミュージシャンなどにありがちな軽薄感がない。作曲陣もそのことは強く意識しているようで、彼女の声が活きるようなアレンジに尽力しており、いわゆる最近の"アニソン"が好きという人でも違和感なく聴けると思う。


やや強引にまとめると、すごく陳腐な言い方になってしまうけれども、このアルバムの感想、ならびに作品としての肝は「オシャレ過ぎない」というところかもしれない。変に流行に乗って先鋭的にしているわけでもないし、過度に懐古的になっているわけでもない。そういう意味で、鼻につくサブカルっぽさがない。その上で楽曲のクオリティが粒ぞろいなので、とても真っ当で良質なJ-POP(けなしているわけじゃないですよ、念のため)として素直に楽しめる。

ただ逆に言うと、その辺りに野暮ったさを覚える人もいるかもしれなくて、例えばわざと時代遅れなテクノポップ感を残したような雰囲気の「melody」あたりを、いいアクセントになると感じるか、ちょっとキャラソンっぽいと感じるかは好みが分かれそう。その点では、個人的にはシングルの「星空☆ディスティネーション」や「Silent Snow」よりも、いかにもアルバム曲という感じの「スタッカート」や「おやすみ、また明日」などに惹かれた面もあり。

ムルギー(渋谷)

ムルギー - 渋谷/カレーライス (食べログ)


玉子入りムルギーカレー(チーズトッピング) ¥1,150


渋谷のカレーといえば多くの人が挙げる名店であり、大槻ケンヂが通ったことで知っている方もいらっしゃるのでは。何しろ場所が場所なのです。渋谷の道玄坂から、ラブホテル街に入っていったところで、途中には猥雑な店舗もちらほら。よって、行く相手によっては気まずくなるかもしれません。そこをうまくやるのが大人のワザなのかもしれませんが、ともかく今回はカレーです。

ピラミッドのような積み方のご飯に驚かされますが、奇をてらっているわけではありません(てらっているのかもしれないけど)。ルーは深みのある味といえば単純に過ぎますが、独特のコクとほのかな甘味、そしてスパイスの辛さと苦さが後を引きます。甘さ、辛さ、苦さなどが一緒に感じられるので、単純な味ではないから食べ飽きない、といえばいいのかな。そうそう、皿の横にちょこんと添えられたチャツネもこのお店ならでは。そのまま食べるのではなく、ルーに混ぜ合わせることで味が絶妙に変わるのです。タイミングは好き好きでしょうが、自分は最初に全部混ぜてから食べてしまいます。参考までに。

トッピングで玉子入り(ゆで玉子です)を選べますが、食感も味もよろしくなるという点で、苦手でなければぜひおすすめしたいところ。余談ながらこのお店、辛口が+50円なのはともかく、甘口にするのも+50円なんですよね。甘口で値上がりするところって、あまり見たことがない気がするんですが、他でもあるんでしょうか。

やや高めの値段設定と場所柄か、うるさい若い人(雑な表現だな……)はめったにおらず、店内は静かで落ち着いた雰囲気。営業時間はお昼のみ(11:30~15:00)で、夜はやってないことに注意が必要でしょう。
ごちそうさまでした。


WEIRD ENERGY

WEIRD ENERGY


サンフランシスコのプロデューサー・ユニットの2nd。AORとダンスフロアの幸せな邂逅とでも呼べばいいのか。タイトル曲に代表されるように、基本はダンスミュージックなんだけど、楽曲のあちこちにフュージョンやAORテクノポップなどの雰囲気があって(メンバーの一人は日本のフュージョンについて詳しいそう)、時折YMOの1stのように聴こえる感じさえあり、ドライブのBGMなんかにもよい感じ。バレアリックかつメロウ、都会的でもあり南国的でもあるという、まさしく「ブリージン」な1枚。ギターのカッティングがハンモックで揺れているように心地よい「Vapour Trails」、インストゥルメンタルのフュージョンを打ち込みでやっているような「Cliantro Vision」は特にお気に入り。

Windsurf - Weird Energy

広告を非表示にする

デリー 銀座店(銀座)

カレーとインド料理のデリー
デリー 銀座店 DELHI - 銀座/インド料理 (食べログ)


今月のカレー 濃厚なエビカレー ¥1,100


カレー好きの間では有名なお店(と思われる)。インド・パキスタン料理の基本を押さえつつ、日本人の舌にも合うように工夫がしてあるという感じで、強烈なインドカレーはちょっと……という人にも薦めやすいです。カレーはただ辛いだけではなく、甘味や苦味がしっかりと感じられ、後を引く味。ヨーロッパ風のコンチネンタルカレー、ドライカレーなどもあり、辛いのが苦手でも選択肢が多いのがうれしいところ。スパイスやヨーグルトなどによる複雑なコクが楽しめるタンドリーチキンなど、カレー以外のメニューもクオリティが高い。銀座店の他に、上野にも店舗があります(東京ミッドタウン店は4月にリニューアルオープンとのこと)。

ナンやタンドリーチキンなどがセットになったランチもあるのですが、今回は単品で注文。海老のガラや頭をマスタードシードやカレーリーフなどを加えたオイルで煮込み、さらにそれを海老の出汁と煮込んだという贅沢な一品。銀座店だけの限定メニューのようです。“濃厚”の二文字は伊達ではなく、一口食べただけでエビの旨味が舌にガツンと。その後に来る、さわやかな辛さとタマネギの甘味が渾然となった味のルーがとても美味しい。中に入っている海老も、揚げてあったり、レモン水で茹でてあったりと、きちんと「具」になっていて、単なる出がらしではないのが素晴らしい。今月しか食べられないのは惜しいと思えるほどの一品です。
ごちそうさまでした。


Harlem Pop Trotters

Harlem Pop Trotters


フランスのライブラリー系レーベルに残されたジャズロック/ファンク作品で、レア盤として有名。現在ではCDで再発され聴きやすくなった……と思いきや、再発CDも廃盤でレア化しつつあるのはいかがなものか。いかにも70年代らしい重厚なリズム隊に、ラフなカッティング、エレピ、ホーン隊が絡み合うという感じだが、過度に粘っこすぎず、軽快さもあるのが好印象。哀愁漂う「Penwick」「Psychocross」、フルートのソロが格好いい「La Moto Verte」、スペーシーなシンセが特徴的な「Plongee Synthetique」など、曲調にも幅があり、それぞれのクオリティが高いので、通して聴いてもダレないのが人気の理由かも。

とんき 目黒店(目黒)

とんき 目黒店 - 目黒/とんかつ (食べログ)





ロースカツ定食 ¥1,800


老舗のサイトはどうして食べログの口コミが気持ち悪いことになるのでしょうか? ともかく、目黒の老舗とんかつ屋さんです。16時開店なのに16時5分で1階が埋まるという人気店。きれいに拭かれた白木のテーブル、古めの建物なのに明るく清潔感のある店内、カウンターの中で元気よく働く職人さんたちと、なんとも良い雰囲気です。

カツは、ロースカツ、ヒレカツ、串カツ(玉ねぎが入ってる)の3種類。いずれも付け合わせはトマトとキャベツ。定食は、カツに、御飯・豚汁・漬物というシンプルなもの。いずれも、注文してからそれなりに待つので注意です。ここのとんかつの特徴は衣にありまして、さっくりしているのではなく、薄めでぺったりとしている独特のもの。シュニッツェルみたいと表現すればいいのかなあ。さりとて、ベタついて美味しくないかと言われると、ソースの酸味とのバランスが取れていて、これはこれでとてもいいなと思わせる食感と味なのです。もちろん、肝心の豚肉もすばらしいもの。今回はロースカツにしましたが、個人的にはヒレカツの方が好みです。ダシの効いた豚汁は1杯だけお代わりをいただけます。ご飯もおかわりできたはず(したことがない)。キャベツやお茶のお代わりを尋ねるタイミングの絶妙さや、食べ終わる頃にさっとおしぼりを置いてくれる気配りなども、さすが老舗という感じ。
ごちそうさまでした。


Forever Endeavour

Forever Endeavour


老舗ということでベテランの作品を、とも思ったが、出たばかりのロン・セクスミスの新譜を。といっても、この人もデビューしてから20年近くになった。彼の持ち味であるグルーミーかつ美しいメロディーに加え、初期作品のような枯れたフォーキーさがより深みを増した印象。プロデューサーは顔なじみのMitchell Froomで、抑制が利いていながらも、その中から管弦楽がふわりと出てくるようなアレンジが絶妙。とくに、多くの曲で登場する弦楽四重奏の響きがノスタルジックな味わい。一方、Bob Rockプロデュースの前作『Long Player Late Bloomer』のような、明快なポップさを期待すると外すかも。

カレー屋パク森(渋谷)

カレー屋パク森 - 公式サイト -
カレー屋パク森 渋谷店 カレーヤ パクモリ - 渋谷/カレーライス (食べログ)


パク森から揚げ+チーズ(¥850+150)


渋谷の道玄坂を上がっていったビルの地下にひっそりとたたずむ名店。といっても、看板が出ているので、初めてでもおおよその位置がわかれば迷うことはないでしょう。「感謝セール中」ということで、看板商品の「パク森カレー」が値下げされていました(¥900のところ¥750に)。「パク森カレー」は、ドライカレーと普通のカレールーが両方楽しめるという、わかりやすく嬉しいメニュー。別々に食べるもよし、混ぜて食べるもよし。ルーはフルーツ由来と思われる甘さもありながら、後味に香辛料の辛さが残り、単純な味わいでないのがいいところ。とはいえ、スパイシーな刺激はそれほどでもなく、そちらの路線を求めている人は物足りなさを覚える人はいるかもしれません(辛さの調節はできます)。

ただ、見ての通り大きい具が入っているわけではないので、トッピング入りのものを(チキン、野菜などがあります)をおすすめしたいところ。今回頼んだから揚げは下味がしっかり付いており、コストパフォーマンスが秀逸。チーズは好みでいれましたが、ルーとの相性は良いものの、やたら伸びるのでちょっとだけ食べにくかったです。なお、ここのラッシーはとても甘いので、甘い飲み物がお好きでない方は気をつけて。
ごちそうさまでした。


Silver Sorgo

Silver Sorgo


惜しくも去年亡くなってしまった、アルゼンチンを代表するロック・ミュージシャン、Luis Alberto Spinettaの2001年作。メランコリック(憂鬱といってもいい)でロマンティックなメロディー、次の展開が読みにくいアレンジ、ひねったコード進行など、Prefab Sprout辺りを彷彿とさせる雰囲気が魅力的な一枚。AOR的なキラキラ感の中に、ふと南米の香りが立ち現れてくる曲作りはこの人独自のものだが、本作は彼のキャリアの中でもとりわけメロウさが際立っている。かと思いきや、スローなナンバーでありながら間奏でノイズを入れてくる「Esta Es La Sombra」、実験的な小品「Tonta Luz」など、コンテンポラリーな世界から刺激的な要素が顔を見せる瞬間もあり、その大胆さが素晴らしい。

広東料理 吉兆(元町・中華街)

横浜中華街 広東料理・吉兆
広東料理 吉兆 キッチョウ - 元町・中華街/広東料理 (食べログ)


f:id:merli:20130207132647j:plain
f:id:merli:20130208130111p:plain
f:id:merli:20130208130116p:plain

あさりそばセット ¥1,500(あさりそば単品は ¥934)


横浜中華街にはテレビなどで取り上げられる人気店が少なくありませんが、ここもその一つ。特に去年ぐらいからメディアの露出が増えている、と地元の人からうかがいました。店内に入ったら、BGMが胡弓で奏でられる「Take Five」でやや面食らいましたが(多分有線だと思う)。名物はまかないから生まれた「あさりそば」ということで、迷わずそれを注文することに。

アサリということでスープは澄んだ塩味かと思いきや、濁りのある醤油味の中華スープです。しかし、確かに濃いめではありますが、しっかりとダシが効いており、まろやかで塩辛さを感じさせない角の取れた口当たり。日本人好みの味といえるかもしれません。スープをすすれば、アサリの香りが口の中に広がります。麺は細くやや固めで、「ラーメン」というよりは、いかにも「中華そば」といった雰囲気。具はアサリとネギのみなのが潔いところ。肝心のアサリは15個以上入っているのが看板に偽りなしという感じで、煮えすぎておらず歯ごたえもあり、物足りなさを感じることもなし。最初はお値段が高いかなー……と思ったけれど、食べ終えてみると、結構満足する感じでした。

セットのもち米肉団子ともち米焼売は、どちらももちもちした食感が楽しい一品。特に焼売は味がたいへん良く、頼んで正解と思えるもの。なお、「サービスでライスをお付けしますか?」と言われましたが、そのことはどこにも表記はされていませんでした。ランチタイム向けのサービスなのかしら。
ごちそうさまでした。


Science of the Sea

Science of the Sea


さすがに“アサリ”に関係ある音楽はほとんど知らないため、海つながりということでこのアルバムを。ドイツの海洋学者、Jürgen Müllerが82年にリリースした幻の作品が再発……という触れ込みだが、実はシアトルのNorm Chembersの別名義だったという、何ともややこしい作品。内容はというと、きらびやかなシンセ、柔らかなドローンが重なりあうレイヤーがとても幻想的で美しく、まさしく海の中を漂っているような音世界。80年代というよりは70年代ぐらいの、Tangerine DreamやMichael Hoenigなどのシンセサイザー・ミュージックに近いおもむき。それらのファンはもちろん、テクノ世代以降のアンビエント派にまで、幅広い層にアピールする内容と思う。

CHEESE STAND(渋谷)

CHEESE STAND
渋谷チーズスタンド CHEESE STAND - 渋谷/洋食 (食べログ)


f:id:merli:20130206204413j:plain
f:id:merli:20130206204424j:plain

平日限定ランチセット ¥750


NHKの近く、渋谷という場所柄もあってなかなかお洒落な内装。ただしちょっと駅からは歩く。なお、店内BGMは西荻窪のCDショップ「雨と休日」に選んでもらったとのことで、自分が行ったときにはHenning Schmied『Spazieren』が流れていました。

平日限定のランチセット(サンドイッチはシチリアーナ、飲み物はホエードリンク・オレンジ)を注文。こだわりがあるというだけあって、チーズはとてもミルキーで美味しかったです。ただチーズの味がしっかりし過ぎている分、サンドイッチとしてのバランスが取れていなかったといえばいえるかも。味付けがさっぱりし過ぎている……と思う人もいるかもしれませんね。ピザを食べてみると、また違った印象があるのかも。ともかく、チーズに関しては言うだけある! と思ったので、チーズ好きを自認される方は一度行かれてみては。なお、チーズを作る際の乳清で作ったホエードリンク(オレンジ)もありました。よく混ぜて飲みましょう。
ごちそうさまでした。


Klavierraum

Klavierraum


店内でかかっていた『Spazieren』を紹介……と思ったけれど、Henning Schmiedなら、個人的には初めて聴いたこの『Klavierraum』の方が思い入れ深い。「妊娠中の妻が暑い夏を心地よく過ごせるように」というコンセプトで作られた、即興的なピアノに電子音のトリートメントがゆったりと重なる作風。肩肘張らない読書や、休日の午後に部屋を片付けるときのBGMに最適。前半は即興的でアンビエント感が少し強く、後半になるにつれてメロディアスになっていくという展開のおかげで、アルバムを通して聴いても一本調子になっていないのもいい。

広告を非表示にする